いくつになっても元気な足腰でいたい方には、グルコサミンが特におすすめです。

ランキング形式でおすすめのグルコサミン商品をご紹介していきます。

膝の関節痛を和らげる体操

膝の関節痛がひどくなってくると、歩くのも億劫になってしまい

運動量が極端に低下してしまったり、何か活動をするのが辛くなって毎日が楽しく無くなってしまったりといろいろな問題が生まれてきます。 良く関節痛にグルコサミンが良いと言われていますが、グルコサミンを飲んだからといってすぐに症状が改善されるというわけではありません。あくまでも長期的にグルコサミンサプリメントなどを服用していくことによって少しずつ効果を実感することができるというものです。

もちろん、グルコサミンサプリメントを上手に活用することも大切なのですが、毎日できる簡単な体操を取り入れることによって膝の関節痛を和らげることができるかもしれません。そこでここでは、膝の関節痛に効果的な体操についていくつか紹介していきます。いずれもすぐにできるものばかりですのでぜひ今日から実践してみましょう。

膝の筋肉を鍛える体操

膝の関節痛を和らげてあげるためには

膝の周りの筋肉を鍛えてあげるのも効果的なんです。膝の周りの筋肉を鍛えることによって関節を支えることができるようになるため少しでも関節に負担をかけずに済むというわけなんです。

・用意するもの=タオル、椅子

・手順=まずは椅子に腰掛けてタオルを両足の指ではさみましょう。足の親指と人さし指で挟みます。あとは両脚を外側に向かって強く引っ張るだけ。たったのこれだけで膝の周りの筋肉を鍛えることができるんです。慣れていないうちはどれくらいの力を加えるとどれくらい筋肉が動くのかを確かめながらゆっくりと行うと良いでしょう。これをすることによって膝の外側の筋肉を鍛えることができるだけでなく、お尻の筋肉も来ることができるため身体のバランスを取りやすくなるというメリットも生まれます。

固くなった関節をほぐす体操

関節痛がある方は痛みが気になるため

どうしても関節や筋肉などが動かないような生活習慣をとってしまいがちです。そうすると、痛みは感じづらいかもしれませんが筋肉や関節が萎縮している可能性があります。そうなってしまうと余計痛みがひどくなったり、症状が強く表れやすくなったりするため適度にほぐしてあげなくてはなりません。

・用意するもの=ゴムバンド(スポーツ用やストレッチ用:硬さは一番柔らかいものでOK)、椅子

・手順=まずは椅子に腰掛けて、両足にゴムバンドを固定します。両方の指にゴムバンドをかけて、真ん中の部分は足のかかと側に来るようにしましょう。あとは片足ずつ前後に引っ張るだけです。痛みが出たり、なかなかスムーズに動かせないという場合は無理をせずに、自分のできる範囲でゆっくりと行うようにしましょう。ある程度慣れてきたらゴムバンドの負荷を高めてあげると良いでしょう。

身体のバランスを整える体操

関節痛のある方はどうしても

片脚だけに体重をかけるようにして歩いてしまうくせがついていることも珍しくありません。そうなってしまうとバランス能力が低下してふらつきが出てきたり、転びやすくなったりといったトラブルの原因になります。また、身体のバランスが悪いとどうしてもひざや腰などに大きな負担をかけてしまうことになります。バランスを整える体操をしてあげることでこれらを予防・改善することができます。

・用意するもの=椅子、タオル

・手順=椅子に座って足元にタオルを置きます。そのタオルを足の指先でつまんで身体の方に引き寄せましょう。すぐ近くまで引き寄せたらまた少し離れたところに足でタオルを戻します。片足が終わったらもう一方の足で行いましょう。もしも片足でタオルを掴むのが難しいという場合は両足を使ってもOKです。これを繰り返すことによって指先やひざの裏などのなかなか鍛えることが難しいような部分を効率よく来ることができ、身体のバランス能力が高くなると言われています。

次におすすめの記事はこちら

関節痛を予防するためのポイントは大きく分けると二つになります。まず一つは関節に負担をできるだけかけないように生活を送るよう心がけるということ。肥満気味の方であれば体重を減らすようにすること、関節部分を冷やさないようにすること、自分にぴったりの靴をきちんと選ぶようにすることなどがあてはまります。二つ目は関節を柔軟にして筋肉をきちんとつけてあげるということ。こちらはストレッチを行うのが効果的だと言われています。ストレッチも痛みが強い時はあまり無理をしないように注意しましょう。

無理にストレッチをすることによって関節が変形してしまう可能性があります。できれば医師やトレーナーなどから正しい方法を教わるようにしたいところです。普段からスポーツや運動をする習慣のある方は、それが原因で関節痛が起こっていることもあります。これらを予防するためには、ストレッチなどの準備運動を事前に入念に行うということ、正しい靴を選ぶようにすること、そしてスポーツを行った後はクールダウンを忘れないようにすることを守るようにしましょう。これらの関節痛の予防方法を知っているのと知らないのとでは随分と結果が異なってくると思います。いずれも簡単に取り入れることができるものばかりですので実践してみましょう。

次のページはこちらから ⇒  ★ 関節痛の予防ポイント