いくつになっても元気な足腰でいたい方には、グルコサミンが特におすすめです。

ランキング形式でおすすめのグルコサミン商品をご紹介していきます。

関節痛にやさしい靴と杖の選び方

膝の関節痛が強く出やすい時というのは

体重がかかったときや曲げ伸ばしを行ったときなど関節に力が加わったときです。ですので、ひざなど関節の痛みに悩まされている方は極力負担をかけないような生活を心がけることによってある程度軽減させることができると期待することができます。 そのための第一歩として丁寧に選んでいきたいのが靴と杖の選び方です。これらは関節痛がひどい時でも正しいものを選ぶことができればかなり痛みを軽減することができます。それでは具体的にどのようなに気をつけて選んでいけば良いのでしょうか。

●靴の選び方

まず始めに靴の選び方です。靴は毎日の運動に欠かすことの出来ない道具です。膝に負担がかかってしまうような靴というのは安定の取りづらいものであったり、クッション部分が弱くて衝撃が膝に直接伝わりやすいものとなっています。関節痛を少しでも軽減するためには次のようなポイントに注意しながら靴を選んでみましょう。

・つま先が持ち上がっている= 最近では歩きやすいようにつま先が少し持ち上がっている「トゥスプリング」というタイプの靴が売られています。これらを利用することによって、反動をつけやすくなり、必要以上の力をかけずに楽に歩くことができるようになるため関節痛を軽減させることができます。

・足にフィットしている= 当然のことですが、靴は足にフィットしていないと歩き方がおかしくなってしまいます。そうすると余計な力が加わって関節に負担がかかってしまいます。自分の靴のサイズだけに頼るのではなく、メーカーによってサイズが微妙に異なる場合も考えられるため実際に履いてみることをおすすめします。

・適度なクッションがある= 膝に負担をかけずに歩くためには靴のクッションがとても大事です。できれば靴底がゴム製のものを選び、十分な厚みがあるものを選ぶようにしましょう。革靴などはクッションが弱いことも多いため、できればスニーカーを選びたいところです。

杖の選び方

杖はいうなれば「もう1本の足」

そう考えても差し支えのないとても重要なものです。膝の負担を大きく軽減させてくれる強力な味方になってくれます。最近では折り畳み式のコンパクトにまとめることのできる杖も多く登場していますのでこれらを利用すると外出中でも利用しやすくなるのではないでしょうか。杖を選ぶときには次のようなポイントを意識してみましょう。

・握りやすいもの= 杖が握りにくいとあまり体重を預けることができなくなるため意味がありません。それどころか、バランスをうまくとることができないと余計関節に負担をかけてしまう可能性も。必ず杖を実際に使ってみて握りやすいかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

・自分の腰骨より少し短いもの= 杖にもいろいろな長さのものがあります。当然身長は人それぞれ違うため、自分の身長にあった杖の長さを選んでいく必要があります。目安としては自分の腰骨よりも少し短いくらいの長さがちょうど使いやすいと言われています。とはいえ実際に使ってみないと分からない部分もありますので必ず確認してから購入するにしましょう。

身体の内側からもケアしてあげる

このように、靴や杖は

毎日の移動で膝にかかってくる負担を大きく軽減させてくれるとても大事なものです。確かに負担を軽減させてあげることはとても大事なことなのですが、根本的に関節のトラブルを解消してあげないことには辛い生活を改善するのは難しいでしょう。

ですので、関節の動きを滑らかにし、痛みを軽減する効果があるグルコサミンを毎日の生活の中に取り入れるようにすることをおすすめします。グルコサミンを摂取することによって身体の内側から関節をケアしてあげることができます。グルコサミンは食事の中からも摂取することができるのですが、なかなか十分な量を摂取するのは難しいです。だからこそサプリメントという形で効率よく取りれるのが望ましいと言われています。

次におすすめの記事はこちら

天気が悪い日はいつもよりも関節痛が強く感じられるという方はたくさんいます。実は医学的には原因がはっきりとわかっているわけではありませんが、いくつかの理由は考えられます。まず一つ挙げられるのがヒスタミンが過剰に分泌されるようになるということです。天気の悪い日は低気圧の状態になっていますので体の内側からの圧力が大きくなりすぎてしまい、その結果ヒスタミンが多く分泌されるようになります。ヒスタミンが分泌されるようになると交感神経が強力に刺激されるようになりますので、アドレナリンなどのホルモンが分泌されるようになって血管が収縮、血液の流れが悪くなってしまいます。

そうなると、関節部分に溜まってしまった老廃物や疲労物質などがうまく流れなくなってしまうため、関節痛に繋がってくるという風に考えられます。また、天気の悪い日というのは湿度が高いですよね。湿度が高い日は身体がむくみやすい状態になっているため、これもまた関節部分の血液の流れが悪くなり、関節痛を悪化させる原因だと考えられます。天気の悪い日に関節痛がひどい場合は処方された痛み止めを利用するのも良いのですが、副作用などが心配だという方は患部を温めてあげると言いでしょう。温めることによって血液の流れが良くなり、老廃物や疲労物質などをスムーズに流し、関節痛を和らげてあげることができます。

次のページはこちらから ⇒  ★ 天気が悪い時に痛むのはナゼ?