いくつになっても元気な足腰でいたい方には、グルコサミンが特におすすめです。

ランキング形式でおすすめのグルコサミン商品をご紹介していきます。

関節痛がひどいときは運動をしない方が良いの?

関節痛がひどいときというのは運動をするのも億劫になりますよね。

一昔前までは、関節痛がひどいときは運動をしない方が良い、安静にしていたほうが良い、動かさない方が良いと言われていました。しかし、最近の研究によって、関節痛がひどいからといって動かさないでいると余計症状が悪化してしまうことがわかっています。関節を動かさないことによって栄養が行き渡りにくくなり、さらに周辺の筋肉が萎縮してしまうために動かしたときに関節への負担がこれまで以上に大きくなってしまうのが原因だとされています。 関節痛がひどいからといって運動をしないでいると症状が悪化してしまう、さらに運動をしなくなるという悪循環が生じてしまうとどこかで断ち切らなくてはなりません。痛みがあってもできる限り関節を動かすようにすると次第に可動域が増えて行き、徐々に痛みも軽減されてくるとされています。

このように、関節痛の研究が進むにつれて「運動療法」を取り入れる病院が増えてきています。これまでは関節痛の治療には非ステロイド性消炎鎮痛剤などが使用されてきたのですが、運動療法を行うことによってそれと同じくらい、あるいはそれ以上に症状が改善されたという研究結果も報告されているほどです。もちろん、関節痛の症状の具合にもよりますが、関節痛がひどいからといって運動をしないのではなく、適度に関節を動かしてあげることが大切だということを覚えておきましょう。

基本はウォーキング

では、関節痛があるときに適度に関節を動かすための運動療法には

どのようなものが用いられているのでしょうか。基本となるのはウォーキングです。ウォーキングはひざを使う運動で、さらに運動強度がとても軽い物となっています。ですので特にひざの関節痛に効果的だと言われています。 その他にも、太ももや関節の周りの筋肉を鍛えてあげること、関節の可動域を広げるためにストレッチを行うのも一般的な運動療法として用いられています。

運動療法と聞くと「体を鍛えなくてはならない!」と誤解されてしまいがちですが、決して体を鍛えるために行うのではなく、あくまでも関節を適度に動かしてあげることが目的となっています。ですので、早足で歩いたりする必要はなく、自分のペースでゆっくりとウォーキングをするのでも十分な効果が期待されます。 もし歩くだけでも関節痛がひどいという場合はプールで水中歩行をおすすめします。プールに入ると浮力が身体にかかってくるため関節にほとんど負担をかけずにしっかりと動かすことができるようになります。

毎日コツコツが大切

このように、関節痛がある時こそ

運動を行うべきだということがわかったかと思います。しかし、ここで問題となってくるのが「継続するのが難しい」ということです。少なからず関節痛があると簡単なウォーキングですら辛く感じる場合もあり、そうなると毎日続けるのはなかなか困難なものです。また、仕事が忙しい方など時間を取るのが難しいといった方にとっても運動療法は難しい側面があります。 あまり時間を取ることができないという場合であれば就寝前や朝起きた時などに膝のストレッチを行う、関節のストレッチを行うだけでも随分と違ってきます。ストレッチを行うときには無理をせず、動かせる範囲で良いのでゆっくりと丹念に行ってあげることが大切です。

毎日の生活の中で関節の貯めの運動を続けていくためには習慣化させていくことがとても効果的。例えば、朝ご飯の前に運動をする、晩ご飯の前に運動をするなど毎日同じタイミングで運動を行うようにするとそれが習慣化され、毎日コツコツと継続していくのが苦にならなくなってきます。 適度な運動は関節痛に良いだけでなく、血液の流れが良くなり、様々な病気の予防などにも効果を発揮します。トータルな健康のことを考えて毎日の運動を楽しんでいきましょう。

次におすすめの記事はこちら

関節痛に悩んでいる方が病院に行くと痛み止めが処方されることがほとんどです。特に、立ち上がったり、歩いたり、階段の上り下りが出来ないほど痛みが強い場合だと日常生活に支障をきたしているとみなされてまず間違いなく痛み止めを使用することになるかと思います。関節痛が軽い間は運動療法などを行うことによって痛みを軽減させることも出来ますが、ある程度進行してしまった関節痛だと痛みが強いため運動療法を行うことができないこともあります。そのようなときに痛み止めを上手に活用するのが望ましいとされています。

関節痛に悩んでる方で日常的に痛み止めを利用している方もいますが、痛み止めには消化器官に負担をかけることが知られています。関節痛と痛み止めとの上手なつき合い方を考えていく場合は、運動療法を行うときなどに痛み止めを使用する、旅行など出かけるときに痛み止めを使用するといった使い方が良いでしょう。軽い痛み程度であれば、運動療法やグルコサミンサプリメントを頼るのがおすすめです。グルコサミンを摂取することによって関節の動きをよりスムーズにすることができるため、痛みを軽減させる効果を期待することができます。痛み止めは漫然と飲み続けるのではなく上手に使うタイミングを見計らうようにしましょう。

次のページはこちらから ⇒  ★ 痛みどめとの付き合い方