いくつになっても元気な足腰でいたい方には、グルコサミンが特におすすめです。

ランキング形式でおすすめのグルコサミン商品をご紹介していきます。

天気が悪いと関節痛が悪化するのはどうして?

普段から関節痛に悩まされているという方で

天気が悪い日はひときわ関節痛がきついという人も少なくないようです。実はこの原因というのは医学的にはまだ解明されていないんです。そのため、具体的な天気の悪さと関節痛の関係についてははっきりとわかっているわけではないのですが、ある程度は考えられる原因が判明しています。ここでは天気が悪いと関節痛が悪化する理由や、その対策方法について考えていきたいと思います。

●低気圧が原因

天気が悪いと関節痛が悪化するのは低気圧によるものだと考えられています。低気圧が来るということは、もちろん気圧が下がっているということ。私たちの身体は普段から気圧に押しつぶされないように圧力が外に向かってかかっています。しかし、天気の悪い日はいつもよりも気圧が低くなっているわけですので、身体の内側から外に向かう圧力の方が強くなってしまいます。その結果、身体に様々な症状が起こるようになり、その一環として関節痛が悪化するのではないかと考えられています。

低気圧の状態になるとヒスタミンという物質が放出されるようになります。このヒスタミンは花粉症の方ならよく耳に馴染んでいる言葉ではないでしょうか。ヒスタミンというのは身体の外側からの刺激に対して炎症を起こすことによって身体を守るための物質です。過剰にヒスタミンが分泌されてしまうと花粉症のような症状が起こるなど様々な悪影響が身体に起こるようになります。 ヒスタミンが分泌されるようになると「交感神経」が強力に刺激されてしまいます。交感神経がヒスタミンによって刺激されると血管が収縮し、心拍数の上昇や血圧の上昇などが引き起こされます。その結果、関節周辺の血管が収縮して血液の流れが悪くなり、これが関節痛に繋がってくるのではないかと考えられます。

湿度が原因

天気が悪い日というのは普段よりも湿度が高くなります。

湿度が高いと汗をかいた時になかなか汗が乾かないですよね。そうなると、体はむくみやすい状態になってしまいます。 身体がむくんでいる状態だと血液の流れが悪くなり、身体の中に疲労物質が残りやすい状態になってしまいます。もちろん関節部分にも疲労物質が大量に残るようになってしまうため、ここから関節痛が引き起こされると考えられています。 ですので、天気が悪いと関節痛が強くなるという方は梅雨の時期は日常的に関節痛に悩まされているということも珍しくないと考えられます。

天気が悪い日の関節痛の対策

天気が悪い日の強い関節痛の対策方法についてですが

病院などで処方される痛み止めを使用するのは一つの方法です。痛み止めを服用することによってかなり関節痛を軽減させることができるので、天気が悪い日は必ず痛み止めを飲むという方もいるのではないでしょうか。 しかし、痛み止めは副作用のリスクがあるため漫然と日常的に利用し続けるのは少し怖い部分があります。痛み止めによって消化器官に不調をきたしてしまったり、痛み止めを長期的に利用すると関節痛が分かりにくくなって関節におかしな負担がかかり、余計関節痛がひどくなるといった場合もあります。

天気が悪い日の関節痛対策としておすすめなのか「患部を温める」ということです。ホットタオルやホッカイロなどを使って温めてあげることによって血管が広がり、血液の流れが良くなるため関節部分に蓄積された老廃物がスムーズに流れるようになります。 もしも関節が熱を持っているときは温めるのではなく、軽く冷やしてあげると痛みが軽減する場合もありますので状況に応じて使い分けるようにしましょう。あまりにも長時間冷やし過ぎてしまうと欠陥が収縮して関節痛がひどくなってしまう可能性もあるため、様子を見ながら少しずつ行っていくのが良いでしょう。

次におすすめの記事はこちら

肥満体型の方ほど関節痛、特にひざの関節痛が強く出やすいと言われています。その理由は、体重が重いために関節にかかる負担が大きいからなんです。私たちはただ単純に歩いているだけでも体重の2倍から3倍もの負荷が膝にかかっていると言われています。例えば、体重50キロの人と体重100キロの人とを比べてみると、普通に歩いているだけで大きな違いが出てくるのが分かると思います。また、肥満体型の人は普段からあまり運動をする習慣が無い中かとの方が多いかと思います。あまり運動をしない方はどうしても体の筋肉が衰えてしまっているため、関節を支える力が弱くなっています。

例えばひざ周りであれば、ひざの筋肉によって関節をサポートし、歩いたときや走った時などの衝撃を和らげるクッションの役目も果たしているんです。このように、肥満体系の方は関節痛が起こりやすい条件が整っているため、ダイエットやエクササイズをして肥満体型を解消してあげることが大切です。いきなりハードなエクササイズなどを取り入れてもなかなか続けることができませんので、ウォーキングやストレッチなど比較的負担の少ないやり方から始めてみると良いでしょう。大事なことは日常生活の一環としてダイエットやエクササイズを行うことです。

次のページはこちらから ⇒  ★ 肥満の人は関節痛になりやすい