いくつになっても元気な足腰でいたい方には、グルコサミンが特におすすめです。

ランキング形式でおすすめのグルコサミン商品をご紹介していきます。

普段からできる関節痛の予防ポイント

関節痛は年齢と共に誰でも引き起こす可能性のあるものですが

同じ年齢にもかかわらず関節痛に悩まされている人と、そうでない人がいますよね。これは、ただ単純に関節痛が年齢によって引き起こされているわけではないからなんです。そこでここでは、普段から取り組むことのできる関節痛を予防するためのポイントについて紹介していきます。

●関節に負担をかけない生活を

関節痛が起こりやすい人というのは普段から関節に負担をかけることが多い人です。例えば、肥満気味の方や、同じ姿勢や同じ運動を繰り返すような生活を送っている方は関節痛が起こりやすいと言われています。そこで次のようなポイントに注意してみましょう。

・肥満気味の人はやせる= 体重が多いとその分関節にかかる負担が大きくなってしまい、関節痛に直結しやすくなります。そのため、体重が多い人はできるだけ体重を減らした方が関節痛を予防・軽減させることが期待出来ます。無理な運動を行ってダイエットをするのではなく、ウォーキングなどの毎日の生活の中に取り入れやすいものを選ぶこと、できるだけ継続して長期間にわたって取り組むことを意識するとよいでしょう。

・関節を冷やさない= 関節痛の原因のひとつに血液の流れが悪くなることが挙げられます。血液の流れが悪くなってしまうと、関節に十分な栄養を与えることができず、さらに筋肉などが収縮してしまう原因のひとつになります。冷え性の方などは特に関節痛を感じやすいのはこれらが原因だと言われています。ですので、肩や腰、ひざなど関節痛が気になりやすい部分はできるだけ冷やさないように注意しましょう。

・靴をただしく選ぶ= 毎日の運動で膝の関節に負担をかけないようにするためには靴の選び方が大事です。クッションが十分に機能している靴を選ぶことも大切ですが、足にフィットしているものを選ぶことも大切。必ず一度履いて、履き心地を確認してから購入するようにしましょう。

適度なトレーニングを取り入れよう

関節痛の予防をするためには適度なトレーニングを取り入れるのが効果的です。

これを運動療法といいます。いずれも簡単にできるものばかりですが、中でも効果的なのはストレッチです。それでは、自宅で簡単にできる関節痛予防のためのストレッチ運動について紹介していきます。 ストレッチ運動は関節痛が気になる部分を丁寧に曲げ伸ばしするだけでOK。もしも痛みが強いという場合はあまり無理をしないで、軽くストレッチしてあげると良いでしょう。痛みがあるからといって動かさないのが一番よくありません。

適度に動かしてあげることによってしっかりと関節部分に栄養や血液を流し込むことができるようになるため早い人なら数週間で、長い人でも半年ぐらい続ければその効果を実感することができるはずです。 ストレッチも間違った方法を繰り返してしまうとかえって関節に負担をかけてしまう可能性もありますので、医師やトレーナーの指示に従って正しい方法を身につけることが大切です。

運動をする習慣のある方の関節痛予防

普段からスポーツをしている人や

運動をする習慣のある人というのは関節痛になりやすいです。例えば、野球をしている方やゴルフをしている方など、同じ動作を繰り返すようなスポーツをしている場合だと、特定の関節の軟骨部分が磨り減ってしまい、関節痛を引き起こしやすくなると言われているんです。 そこでここでは、普段から運動をする、スポーツをする習慣のある方のための関節痛予防を紹介していきます。これらはダイエットなどのために運動を取り入れたいという方にも役に立つ情報かと思います。

・準備運動は入念に= 運動をするときに準備運動をせずに突然体を動かし始めると十分温まっていないため、関節に大きな負担がかかってしまいます。ストレッチなどの準備運動は入念に繰り返しておくようにしましょう。やりすぎではないかと思うくらいがちょうど良いという人もいます。

・靴をきちんと選ぶ= 運動をするときやスポーツをする時はその競技に合っている靴を選ぶかと思います。もちろんそれで正しいのですが、無理に靴を選ぶのではなく、自分の足にきちんとフィットしたものを、そして十分なクッション性があるものを選ぶようにしましょう。

・スポーツの後はクールダウン= スポーツをした後は軽い体操などをしてきちんとクールダウンを行うようにしましょう。突然終わってしまうと関節部分に熱がこもってしまったり、疲労物質が十分に抜けなくなったりして関節痛を引き起こす場合があります。

次におすすめの記事はこちら

グルコサミンというのは私たちの身体の中で生成することのできる成分の1つです。しかし年齢と共に生成量が低下してくるため毎日の食事の中でしっかりとカバーしてあげなくてはなりません。では一体どのような食品にグルコサミンが多く含まれているのでしょうか。グルコサミンを多く含む食品の代表格がカニやエビの殻となっています。しかし、これらは食べるには少し難しい部分がありますし、大量に食事に取り入れるのはほぼ不可能だと言わざるを得ません。毎日の食事として取り入れやすいグルコサミンを多く含む食品には、ウナギや鶏の軟骨、手羽先などがあります。

また、植物性のグルコサミンを多く含んでいる食品が山芋やオクラといったねばねばした食品になります。これらは比較的食事の中に取り入れやすいですし、居酒屋などでもメニューが充実しているため毎日の生活に取り入れやすいのではないでしょうか。とはいえ、これらのグルコサミンを多く含んでいる食品も1日の摂取目安量である1,000mgから2,000mgをカバーするのは難しいと言わざるを得ません。だからこそ、足りない分を補うという意味でグルコサミンサプリメントが人気を集めているんです。グルコサミンサプリメントなら手軽に十分な量のグルコサミンを摂取することが出来ます。最近ではアレルギーを持っている方でも安心して服用することのできる植物性のグルコサミンサプリメントも登場していますのでアレルギーが気になる方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

次のページはこちらから ⇒  ★ グルコサミンが多く含まれる食品